7月3日(火)|急上昇後の動意なきヨコヨコ相場。BF乖離率の上昇に注目!

おはようございますハルです。

昨日のBTC相場は超絶ヨコヨコ相場でしたね。

今はやりの超高速スキャルピングのmmbot(market make bot)や、裁量のスキャルマスターくらいしかうまく利益を出せ無かったのではないでしょうか?

私は裁量スキャを数回実施したのみに留まりました。相場がどちらに動くか根拠を持てないときはノーポジが一番です。

7月3日(火)のBTCチャート振り返り

チャートの通り、6540ドル ~ 6680ドルの狭いレンジ間で、一日ヨコヨコした相場でした。

赤枠部分のBFメンテ明け(メンテは毎朝4時~4時12分)から4時半頃まで少し値を下げ、その後15分ほどかけて比較的緩やかに100ドル幅ほど上昇しましたので、そのタイミングの動画を記録しておきます。

    • 動画:7/4(水) 午前 4時42分 ~ 4時47分


(チャートはTrading viewのBitfinex 15分足)

動画 ドテン君狩り失敗

今日は動意に欠く、特段、見せ場のない動画です。

最高値を付けた4時46分の動きは、ドテン君狩りを狙った動きであったように思います。

しかしドテン価格の756,800円まで800円届かずに上ヒゲを残して、下げ始めました。

同時間帯にBitMexはドテン君が発動し、ロングに切り替わっています。

そのため午前7時現在でドテン君は、BFFX:ショート、BitMex:ロング を発動しています。

(動画の特徴)
本日の動画ではイナゴフライヤー表示が抜けております。申し訳ありません。
※左上:BFFX、右上:BF現物、右下:Bitfinexの1分足。左下はCC現物15分足ですが無視下さい。

  • 緩やかに上昇
  • BitfinexとBF現物が上げをけん引

本日7月4日(水)の相場

本日、特段のファンダメンタルは今のところありませんが、昨日に引き続き、以下3点に注意しています。

(注意するポイント)

  1. CME先物の6月限月決済日が7月6日午前5時
  2. BFFXの乖離率が2.6%。昨日より0.5%上昇
  3. 昨日も大口クジラが1万BTC(約70億円分) ウォレットから移動

3の大口の動きはいつ出てきてもおかしくありません。

7月1日には10万BTC、昨日1万BTCが移動されており、上げ下げ両方の可能性があります。

また、2の乖離率が昨日は2.1%程度でしたが、徐々に上がってきて2.6%にまでなっています。

乖離率が上がる = BFFXユーザは上目線で買っている人が多い

という状況を示しています。

上昇トレンド時には、5%超えを目指してくるため、乖離率もチェックする指標の一つとした方が良いでしょう。

逆に落ちる時には、乖離分を燃料にして、加速度を伴って急落するので注意が必要です。

 

本日も基本はノーポジ様子見として、取れそうなところだけ取るヒット&アウェイ作戦です。

トレンドがはっきりしてくるまでは、レンジ間の細かいスキャや、ドテン君狩りに参加するなどして小銭稼ぎを狙います。

 

本日も良い一日を。