8月28日(火)|CME先物SQに向けたアゲアゲ。底堅さMAX相場!

こんにちはハルです。

本日は飲み会で、20時過ぎの上げ相場のビッグウェーブに全く乗れず。

私の場合はトレード漬けになると負け込む傾向にあるので、程よい距離感で相場と向き合うのが最近ちょうどいいなと感じてます。

飲んだ後でも、動画で振り返ることで明日の相場に備えます!!不思議とチャートの前だと酔いが覚める気がします。

さて、本日は明け方から底堅い相場でした。ロング戦略で正解だったようです。

 

本日は大きく午前8時半、午後8時過ぎの2回に分けて大きくビットコ価格が上昇しました。

動画1,2としてお届けします。それぞれに特徴的な動きをしていますが、特に動画1では、1.5万円幅ほどイナゴ戦略で獲得できる瞬間をご紹介します。

動画①8時38分過ぎの急騰

※動画の画質が荒く見えにくいという方は、YoutubeへアクセスしてHD画質を指定してご覧ください

【記録時間】2018年8月28日8時33分 ー 8時49分
【値幅】75.3万円 → 77万円(BFFX)
【注目ポイント】
・レンジブレイクを狙ったじわ上げからの急騰
・動画4分53秒(8時37分54秒)のフィネの板に注目!$6770に280枚の買い板出現
・その直後から急騰し約1.5万円幅上昇

Bitfinexがレンジである$6770付近を超えるか超えないかの瀬戸際で、強い300枚近い買い板が出現。この時点で、大口が上値を狙っていると判断しても良いと思われる状況。

こういう時はダマしもあるけど、試しでロングをすると結構な確率で大きく利益を伸ばすことができます。
※買い板が消えたらロングポジ解消すれば同値撤退が濃厚なパターンで、リスクは限定的

【Youtube動画】
https://youtu.be/kaHDRgvO938


(補足説明)
※左上:BFFX(1分足)、右上:Bitfinex(1分足)
※左下:イナゴ、真ん中:Bitfinexの板、右側:BitMEXの板

ダマしの可能性ももちろんあるのですが、リスクリワードを考えて、特にレンジブレイクしそうな瞬間の強い買い板(売り板)は信じてイナゴするという方法は有効だと思います。

過去の対戦成績的に、リスクよりもリワードの方が高いので、私はこういうケースでは参戦します。

本日は通勤中の電車の中でのスマホ確認であったため、Bitfinexの板情報は見れておらず、5千円幅程度で利確してしまいました…

動画②20時過ぎの急上昇&フィネ暴走

【記録時間】2018年8月28日19時58分 ー 20時11分
【値幅】77.2万円 → 78.4万円(BFFX)
【注目ポイント】
・Bitfinexの暴騰上げに注目
・動画11分43秒(20時10分21秒)にBitfinexにて約800枚程の成買いが発生
・その直後、$7126まで急騰。同時間でBitMexは$7040と$86差が発生
・急騰の直後に売りに押し戻され$7150付近まで急落

BitfinexがBTCのチャートを作っていると私は考えています
フィネの大口が動かしたい方に相場が動くというスタディケースの動画であるかと思います

【Youtube動画】
https://youtu.be/nHv24caeJKM

Bitfinexの買い暴走の動画です。

BitfinexとBitMEXの価格が$80以上もズレるというのは、瞬間値としてもレアケースかも知れません。

当然、どちらかの価格に近づく動きを見せるのですが、今回はBitfinexに厚い200枚程の売り板も登場し、上値を阻んで押し返す状況となりました。

明日以降の値動き

月曜日の朝にツイートした通り、CME先物8月のSQに向けて大口が大きく動く思惑たっぷり、騙し騙されの1週間となるので、個人のテクニカル予測はあまり意味がないと思っています。

一方で、順当に考えれば、CME先物の取引量は増えており、かつロングポジションの方が多いため、SQに向けて価格を吊り上げる動きが想定されます。

本日28日(火)はまさにその通りの動きとなりました。

個人的にはこのまま上げ続けるというよりも、一度落としてから、金曜日の夜(土曜日0時)のSQに向けてあげるのではないかと想定していますが、個人のこだわり予測は柔軟に捨てて、チャートの動き、板の動きを見て、その場その場でエントリー&細かく利確をするようにしようと考えています。

長くなってしまいました。

酔っぱらってるのかもしれません。

ご覧くださりありがとうございました。