BCH(ビットコインキャッシュ)高騰の理由(2月8日)

こんにちはハルです。

連日連夜、仮想通貨関連のニュースは話題が尽きることがないですね。

昨日から続くバイナンスのメンテナンスも24時間を超え、本日2月9日(金)13時までと延長のアナウンスがされています。GOXかと最初は驚きましたが、バイナンス公式も明確にGOX否定をしていますので、問題ないのではないかなと思います。

コインチェック社も13日から日本円の出金を再開するとNHKで報道されていますし、良い傾向です。

さて、その裏でBCH(ビットコインキャッシュ)が急騰しています。その考えられる理由を整理してみました。

マイナーがBCHへ移動か?

考えられる1つの理由は、ビットコインのマイニングを行っている人たちが、ビットコインからビットコインキャッシュに移動しているのではないか、ということです。

少し小難しくなりますが、ザックリ説明します。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)は同じアルゴリズムを採用しています。そのため、BTCを掘るマイナーはBCHを掘ることができる選択肢を併せ持っており、BTCとBCH間で状況に応じてマイニングする先を変更していると言われています。(当然ですが、より収益性の高いと思われる通貨のマイニングをしようとします)

 

マイニングのハッシュレート(マイニングが行われる際の計算速度)に対して、トランザクションの量が過多になった場合、通貨は送金遅延やセキュリティの低下などを引き起こします。

 

そのため、マイナーがBTC or BCHのどちらの通貨につくか、という点も価格に大きく影響を及ぼしていると考えられています。

ビットコインキャッシュの価格が急騰し始めたタイミングで、マイナーがビットコインからビットコインキャッシュに移り始めている様子が以下のグラフから読み取れます。(生グラフはこちらから

ビットコインのマイニングの難易度調整は2週間に一度行われており、2月7日(水)午前中に難易度が上げられています。その影響もあるのかもしれません。

 

 

次回の難易度調整は、2月23日(金)に予定されており、しかも難易度が約14%程低くなる見込みです。つまり、ビットコインのマイニングに戻るマイナーが増える可能性が基本的には高いということだと思われます。

難易度調整後の動向は要注視ですね。

その他、BCHの高騰理由について、コインテレグラフの記事で纏まっていますので、参考にご紹介しておきます。

BCH派が徐々に強くなりつつあるのかもしれませんね。

参考

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰 新たなBCH向上提案が後押しかCointelegraph Japan