バイナンスの登録手順。XVG・TRXへの分散投資のススメ

2017年は仮想通貨の値上がりが著しい一年となりました。

この上昇の波に乗り遅れまいと、仮想通貨取引所の口座開設を申請する人が現在進行形で急増しています。

実際、日本の取引所であるbitbank社が、12月11日に口座開設者数が10倍に急増しているとのプレスリリースを発表しています。

おそらく国内の大手取引所は同じように申し込みが殺到しているものと思います。

現在、bitbankにおける口座開設者数が10倍に急増しており、お客様にご提出いただいておりますご本人様確認書類の審査に遅れが生じております。
(出典のプレスリリースはこちらから)

その中でも出川さんCMで注目を集めるコインチェックの審査は早く終わりますし、これから登録する方には取り扱いコインも13種類と国内で最も多いのでおススメです。

さて、一歩先行く仮想通貨長者達が今注目しているのは「Binance(バイナンス)」です。

バイナンスの概要や特徴、登録方法から究極の分散投資方法のススメについてご紹介します。

Binance(バイナンス)の基本情報

バイナンスについて簡潔にまとめると、設立ほやほやで一気にライバルをごぼう抜きした人気の仮想通貨取引所です。

今、アメリカや日本の投資家達がこぞって口座を開設し始めています(口座開設者の大半がアメリカと日本で、中国人は20%程度)

その理由は、100倍、1000倍になる通貨を発掘できる可能性があるからです。

バイナンスの主な特徴は、

  1. 2017年7月に設立。300万口座達成 ※12月28日発表
  2. 香港の仮想通貨取引所。日本語にも対応。BNBという取引所独自の通貨を持つ
  3. 手数料が圧倒的に安い
  4. 取引量は世界一に急躍進 ※2017年12月に1位に
  5. 取り扱い銘柄が最も多い ※2018年元日時点で97種類
  6. ICO直後の銘柄をすぐに上場させる傾向(爆発銘柄になりやすい)
  7. 新規上場銘柄を投票で決める

いくつかの項番についてもう少し踏み込んでご紹介します。勢いのある取引所であることが分かってもらえると思います。

3.手数料が圧倒的に安い

バイナンスのアドバンテージの1つは、取引手数料が0.1%と格安である点です。

更にバイナンスが発行する仮想通貨BNBを購入して取引を行うと、手数料をさらに半分の0.05%にすることが出来ます。取引頻度が高い方にはおススメの方法です。

日本の取引所では3%~5%程度の手数料が差し引かれるケースが多いので、圧倒的な安さです。

4.取引量は世界一に急躍進

統計データを公開する「coinmarketcap.com」より、直近24時間の取引所ごとの取引高の大きい通貨がランキング形式で確認できます。

1位がバイナンスで、24時間の取引高は「$3,174,016,083」と約3600億円(1ドル113円換算)となっています。

バイナンスの中で取引高上位の通貨1位はVerge、2位はTRONです。日本ではあまり聞きなじみのない通貨ですが、世界的には注目されてる通貨であることが分かります。

取引高の大きい取引所2位は「Bithumb」、3位は「Bittrex」という取引所です。日本の最上位は14位のbitFlyerです。※2018年1月1日時点

 

$

5.取り扱い銘柄が最も多い

バイナンス最大の特徴が、取引銘柄が多くICO(Initial Coin Offering)を使った資金調達銘柄も素早く上場するという点です。

そのため、草コインと言われる(クソみたいなコイン)価値があるのか分からない通貨も上場するため、一気に価格上昇するケースが2017年は何度も起こりました。

それを期待した投機マネーが集まってるのです。

Binanceの2017年高騰ベスト5

では2017年、バイナンスで取り扱う銘柄の急騰実績を見てみましょう。

1位. Verge(XVG) 約13000倍
2位. NEO(NEO) 約530倍
3位. NXT(NXT) 約300倍
4位. Stratis(Start) 約190倍
5位. BitShares(BTS) 約160倍

いずれの通貨も日本の取引所では取引出来ません。

1位のバージは1万円投資していれば1億3千万円になったという計算です。凄すぎます。

Binanceで分散投資のススメ

バイナンスで取り扱う通貨は97種類と約100種類です。

仮に1000円ずつ分散投資して、合計10万円投資するとします。

100種類のうち、1つの銘柄が2017年と同様に100倍を超えれば、その時点で勝ちが確定します。

リスクを抑えた分散投資にもかかわらず、上昇期待値も非常に高い投資方法です。

私はバイナンスを利用して、約100種類の通貨に同額投資するという究極の分散投資方法をおススメします。

※あくまでも個人的な期待値に対する見解ですので、投資は自己判断でお願いしますね。

Binanceの口座開設手順

さて、興味を持たれた方はまずバイナンス口座を開設しましょう。

※ユーザ急増により一時新規登録が凍結していましたが、1月8日より登録再開。ユーザ急増に伴い1日の登録数に上限有り

1日に2ビットコイン(約320万円※1月1日時点)までの引き出しであれば本人確認も不要ですぐに取引が開始可能です。

なお、バイナンス口座への送金手続きのためには、日本の取引所口座から送金が必要になるので「コインチェック」で作っておきましょう。

 

まずはバイナンスの公式サイトへアクセス。

バイナンス公式サイトはこちらから

スマホからアクセスした場合は、「Register」をクリック。

 

パソコンからアクセスした場合は、↓の画面の「登録」または「アカウントを作成します」をクリック。

 

次に、登録画面が出てきますので、メールアドレス・パスワードを入力し、利用規約にチェックを付けて登録をクリック。

 

スパム対策の認証用の画面が出てくるので、パズルがハマる位置までスライドします。

 

登録完了の画面が表示されればOK。

 

メールボックスに次のようなメールが届きますので、「Verfy Email」をクリック。

 

認証完了の画面が出てくるため、ログインよりサイトへ移動。

 

登録時に入力したメールアドレス・パスワードを入力し「ログイン」をクリック

 

再度スパム対策の認証用の画面が出てくるので、パズルがハマる位置までスライドします。以上でログインまで完了します。

続いて2段階認証設定

ログインが完了すると最初に2段階認証の登録を強く推奨する旨の警告ポップアップ画面が表示されます。取引を行う方は必ず2段階認証を設定してください。

仮想通貨は全てが自己責任です(ハッキングされて通貨を盗まれても補償はありません)

日本から携帯認証は使えませんので「Google検証」をクリックします。※QRコードの読み込みがあるため、パソコンでの手続きをおススメします。

 

①2段階認証用の「Google Authenticator」アプリがスマホに入って無い方はまずはダウンロード。

②「Google Authenticator」の右上「+」画面より、「バーコードをスキャン」を選択し、PC上に表示されてるQRコードを読み込み。
「Google Authenticator」の画面上に「Binance.com」の表示が追加されていることを確認します。
続いて、QRコードの下に表示されている文字列をコピーします。

③その後「I’ve backed it up. Continue」をクリック。

 

 

一番上のボックスには、コピーした文字列を張り付け

真ん中のボックスには、ログインパスワードを入力

一番下のボックスには、「Google Authenticator」で払い出された6桁の数字を入力

最後に「Enable 2FA」をクリックすれば「Success」と一瞬表示されて登録が完了します。

 

以上で取引が可能となります。登録作業お疲れ様でした。

バイナンスへの送金手順はこちらからどうぞ