コインチェック出金の再開時期は?ネム補償・返金で価格高騰!

1月26日(金)に発生したコインチェックの580億円ハッキング事件。(経緯や詳細はこちらから

意外と早く1月28日(日)午前1時前にコインチェックよりXEMの保有者に対して、現金にて全額返済する旨の公式発表が行われ、市場全体としては安堵感が広がっています。

コインチェックの公式発表内容

1月28日(日)午前0時46分に公式アカウントから以下ツイートが発信されました。

内容は以下のとおり。

NEMの保有者全員に、日本円で全額返金補償を行うという内容でした。

対応時期については、未発表のため続報を待つしかありませんが、予想されていた、「倒産」という二文字のリスクは、まずは無くなったと理解して問題ないでしょう。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

補償金額の1XEM=88.549円について

こちらについては、XEM所有者のそれぞれの状況で見解は分かれるものと思います。

  • ガチホ組みにとっては、強制的に現金化されるため所得税が発生して迷惑だという話
  • XEM価格がV字回復しているため、安い単価での交換となることへの不満

ただ一先ず、最悪のシナリオの所有するXEMの無効化を回避できたという点は、1円も返済されなかった過去のGOX事件などを比較対象とすれば、評価できるのではないでしょうか?

XEN所有者に限らず、コインチェックの「倒産」や「日本円を含む全額返済不能」という状況を回避できる見込みがたったという点において、日本での仮想通貨市場全体への影響はグッドニュースであるのは間違いないでしょう。

なお、約89円で盗まれた5億2300万XEMを返金するということは、現金での補填額は463億円にも上ります。

ここで分かるのは、コインチェックがキャッシュリッチ企業であったということ。

人気スマホゲームのパズドラが1ヶ月で約100億円の利益と以前報道されていましたが、仮想通貨ブームで登録者が殺到しているコインチェックの取引高を考えれば、さらに高い利益が出ていると考えても不思議ではないのかもしれません。

ネム所有者が26万人と言う事実

また、今回の発表により、コインチェックでネムを所有する人が26万人もいるということに驚きました。

ネムについては、取引高がもっとも多いのは手数料の安いZaifです。ネムだけで26万人ということは、少なく見積もってもZaifと合わせれば2倍の50万人くらいはネムを所有している日本人がいるということです。

また、総額5億2300万XEMを約26万人で保有していたということは、一人当たり約2000XEMも平均で所有していることが、シレッっと発表されています。

これは1月29日(日)午前8時時点の1XEM価格112円から計算すると、一人当たり約22万円のXEMを所有しているということです。

XEMだけで22万円分も平均で所有しているということは、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの人気通貨も考えれば、相当な「仮想通貨元年」に2017年がなったということを顕著に表している金額感であるといえるのではないでしょうか。

いつから出金可能なのか?

1月29日(日)午前8時時点では、XEMに限らず、その他通貨や日本円の出金がいつから可能になるのかについては、まだ発表されていません。

また、取引のサービス再開時期についても未発表です。

続報を待ちましょう。

このスピード感で補償内容を発表されていることを踏まえれば、今週中には次の発表があると考えられるのではないでしょうか。

ネム価格の推移

一連の報道を受けて、ネム価格は大幅に上下しています。

ちょっと気になる点としては、コインチェックが補償を正式発表28(日)午前0時46分の直前からXEMの価格が急上昇を始めているという点です。

若干早く情報が漏れたということなのかと思います。(インサイダー情報が多いのは仮想通貨市場の特徴の一つといえるかもしれません)

 

コインチェック口座保有者にとっては不安な週末であったかと思いますが、一先ず方針が示されましたので、あとはサービスの再開時期、出金・送金の開始時期に関する次の正式発表を待ちましょう。

個人的にもコインチェックに日本円を入金していたので、ホッとしています!