【コインチェック】日本円出金再開(2月13日)に向けビットコイン最安値に

こんにちはハルです。

コインチェックがハッキング騒動から2週間経過して、日本円の出金を2月13日から再開すると発表しましたね。

とりあえず、預け入れしていた日本円が返ってくるということで安心している方は多いのではないでしょうか?

一方で、口座に保有する仮想通貨の送金・換金はもうしばらく待つ必要がありそうですね。

日本円出金の発表に伴い、ビットコイン相場が面白い状況になっています。

CCのビットコイン価格が最安値

まずはこちらの一覧表をご覧ください。

↓ は日本の仮想通貨取引所におけるリアルタイムのビットコイン現物価格を一覧表にしてくれているサイトからの情報です。

※リアルタイムの生データをご参照されたい方は、https://coinchoice.net/btc_rate/ へアクセスください。

 

見ての通り、各取引所には普段から多少の価格差は存在しているのですが、本日のように2万円も差が出ているのは稀な状況です。

表の最下部を見てわかる通り、コインチェックで1ビットコインを購入して、ビットバンクで1ビットコインを売却すればそれだけで2万円の利益が出る状況になっています。

現在、コインチェックからのビットコインを含む仮想通貨の送金は停止されているため、現金をコインチェックに大量に入金している人ぐらいしか、そもそも購入できないため使える人は限られると思いますが、アービットラージという鞘抜き戦略が有効な状態になっています。

どの取引所で買っても、売っても、同じ1ビットコインですからね。

コインチェックのBTCが最安な理由

その理由は明らかですね。

2月13日からコインチェックが日本円の出金を再開すると発表したことから、コインチェックにて現物ビットコインを保有していた方の多くが、日本円出金に向けて、ビットコインを売却しているという状況です。

コインチェック社の発表によれば、

・出金処理は申請をいただいている順にて対応いたします。このため、ご指定口座への着金までお時間を頂戴する場合がございます。

とありますので、2月13日を待たずに、出来るだけ早く出金の申請をしておかないと、出金されるタイミングが遅くなる可能性があるのです。

そのため、ビットコインを売却して日本円にして、送金申請を開始した人が増えていることは間違いありません。

2月13日に向けて、この3連休中に他の取引所との価格差はさらに広がっていくのではないかと予測されます。

一方でビットコインは4時間足では下降トレンドをようやく上抜けし、上昇気流に乗り始めたようにも見えますので、他の取引所の市場価格より安いビットコインを購入するチャンスがコインチェックにはある、と言えるかもしれません。

 

日本国内においてこれだけアビトラ活用が可能な差額が生まれる機会は滅多にないため、価格の推移に注目しておくと面白いかと思います。