【良かれと思って!】仮想通貨30億円王子の三崎優太社長が登場

テレビで仮想通貨関連の番組を見る機会が2017年12月ころから急激に増えましたね。

2月7日(木)、フジテレビ「良かれと思って!」「新セレブキャラ選手権2018」として、仮想通貨投資で数十億円という利益を上げ、インフルエンサーとしても影響力の大きいメディアハーツ代表取締役の三崎優太社長(28歳)が登場しました。

三崎社長の投資銘柄QASH

2月1日には、テレビ東京の番組で、惜しげもなく仮想通貨の取引口座情報を披露されていた三崎社長。

三崎社長はQUOINE(コイン)株式会社が発行している独自通貨であるQASH(キャッシュ)に惚れ込んでいて、QASHをかなり保有しており、総資産はなんと43億円!

フジテレビの「良かれと思って!」では、昨年11月に投資した5億円が、2ヶ月で31億円になったこと、また、通貨革命への期待を説明されました。

最近の下落相場の影響で、43億円→31億円にはなったようですが、三崎社長は目先の状況には惑わされずに、中長期目線でぶれない投資をされています。

こういう人が投資では勝つのだなという、お手本のような方ですね。

https://twitter.com/misakism13/status/959811810726592512

また、QASHのICO(イニシャル・コイン・オファリング)の資金調達に10万円を投資し、その結果2億円にした、その経緯を本として出版されています。

ちょうど先週、Amazonランキング1位のベストセラーを取っています。

1月中旬頃に、私も三崎社長のTwitter情報を基に、QASHの可能性を調べ、取引可能なQUOINEX(コインエクスチェンジ)という取引所の存在を知り、1月15日に口座開設を申請。

ちょうど本日2月7日に口座開設完了のハガキを受領しました。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、2018年に約10種類の新規銘柄を上場させると、柏森(かやもり)社長が発表をしており、1月下旬にはXRP(リップル)を上場させたばかりです。

2月上旬には、XEM(ネム)やLTC(ライトコイン)の上場も予定されていましたが、コインチェックのハッキング騒動を受けて、いったん仕切り直しとなった旨、柏森社長が公式テレグラムで状況を説明しています。

当サイトでも、2018最注目の取引所としてQUOINEX(コインエクスチェンジ)を推しています。

ご興味のある方は、下記よりご登録いただけます。

コインチェック騒動で不安になったセキュリティ面の対応もしっかりしています。

100%コールドウォレット管理など、セキュリティに強みを持つシステム運用体制について、公表していますので、取引所としては管理レベルの高い取引所であることは間違いないでしょう。

QUOINEX

さて、最近は暗い話題の多い仮想通貨市場ですが、本日のフジテレビの番組を見て、劇団ひとりさんの様に、仮想通貨に興味を持つ方が増えるとよいなと思います。