【確定申告はCRYPTACT(クリプタクト)】仮想通貨の損益計算ツールが秀逸過ぎ

こんにちはハルです。

確定申告が2月15日より始まることを受けて、2017年の仮想通貨の取引履歴の整理を開始しなくては、という方も多いと思います。

金融庁が発表した方針に合わせて、各社が損益計算用のツールを公開したり、取引所は取引履歴をCSV出力できるようにするなど、徐々に対応が進んできています。

その中でも圧倒的に利用しやすく、無償でサービスを提供している「CRYPTACT(クリプタクト)」社の「tax@cryptact」というサービスがありますので、登録をおススメします。

実際使ってみましたが、メチャメチャ分かりやすくて使いやすいです!!

評価の高いtax@cryptact

起業家の有安氏もこちらのツールの使い勝手、および提携している取引所やコインの種類について高く評価しています。

 

2月8日には、ビットフライヤー社もとの提携を発表したばかり。

 

「CRYPTACT(クリプタクト)」社は、2018年1月に設立した出来たばかりの会社ですが、ゴールドマン・サックスにてヘッジファンドの運用や様々な金融システムの開発を経験した方を中心メンバーとして運営されています。

公式サイトでは、以下のように紹介されており、ツールへのみなぎる自信のようなものを感じます。

仮想通貨・ブロックチェーンの将来を信じ自身も投資をしている専門家集団が、自分たちが使いやすいと信じるシステム(ツール)を日々創っています。

それでは、さっそく登録してみましょう。

tax@cryptact登録方法

PCで操作した場合の画面をキャプチャーしています(csv取り込みなどPCでないと出来ないので)

1.公式サイトへアクセスし「新規登録」をクリック

公式サイト:https://tax.cryptact.com/

 

2.ユーザー名(3文字以上)などを入力し、利用規約に同意し「登録」をクリック

 

3.仮登録完了画面を確認

 

4.メールが届くのでリンクをクリック

 

5.本登録が完了するので、ログインする。

 

6.画面上部の「tax@cryptact」をクリック

 

7.「ファイルをアップロード」よりアップロードできます。

※「ファイルをアップロード」の下にあるリンクより、各取引所における取引CSVデータのダウンロード方法が詳細に記載されています。

これが本当に便利!まずは利用している取引所の取引履歴CSVファイルを手順に従いダウンロードしておきましょう。

 

 

8.利用した取引所を選択します。私の場合はコインチェックで取引していたため、コインチェックを選択。

 

9.取引所の履歴をクリック

 

10.赤枠内をクリックしファイルを選択すると準備完了のマークが表示されるので「アップロード」をクリック

※信用取引やレバ取引をした人はチェックをつけましょう

 

11.数秒間でアップロードできます

 

12.アップロード完了したら閉じるをクリック

 

13.トップ画面に戻ると2017年の損益や2018年の損益が自動計算されています。

 

まずは一度触ってみてください。

有償サービスでも全く違和感のないレベルの使い勝手だと思います。

会計の処理についても、EYのような会計事務所にヒアリングをして計算ロジックを組み立てている点でも安心です。さすがゴールドマンの出身者が立ち上げたサービス、といった印象です。

ちょうど確定申告の時期ですので、ぜひお試しください。圧倒的におススメします。

損益計算を行った後は、クラウド会計ソフトNo1のFreee(フリー)を活用すれば確定申告がだいぶ楽になります。

無料お試しが1か月間できるので、確定申告のこの時期に合わせて無料登録すれば、フルでサービスを使い倒せますのでおススメです。

私は昨年無料登録を行い、使い勝手が良かったので会員になりましたが、無料登録期間中に無理な勧誘は全くありませんでした(メールでのクーポン配布くらい)。

登録は ↓ から数分で可能です。