知らなきゃヤバイBTC。日本円の価値は1年で1/10に暴落の事実

(1分間で人生変わるかも?読んでみて)

BTC=ビットコイン(Bitcoin)の略

あなたの周りにも「ビットコインや仮想通貨」の話するひと増えてきていませんか?

1年前はマニアックな存在でしたが、2017年に一気に注目を浴びて価格が高騰しました。

2018年はコインチェックという取引所のハッキングによる580億円分の通貨流出事件もあり、さらに話題になっています。

ビットコイン価格高騰の理由

仮想通貨は日々開発されており、いまやその種類は1000種類を超えています。

その中の代表格が「ビットコイン」です。

下記のチャートは2013年から現在までのビットコイン価格の推移を示しています。

2017年1月時点で約9万円だったビットコインは、2017年12月には一時240万円にまで上昇しました。

この価格高騰の理由は簡単で、「ビットコインを買いたい!」という人が増えたためです。

ビットコインは発行される量の上限が決められているので、埋蔵量が限られている金(ゴールド)によく例えられます。

供給量が一定であるため、需要(買い手)が増えれば価格が高騰するのです。

2017年12月には、出川組とも称されましたが、出川さんが出演した仮想通貨取引所「コインチェック」のCM効果もあり、一気に仮想通貨取引を行うユーザーが急増し、需要が増えたことが急騰の一つの理由です。

ただし、2018年1月には、世界各国で仮想通貨の規制に関するニュースや、「コインチェック」のハッキング事件などもあり、2月上旬時点で約90万円程度まで急落しています。

それでも2017年1月の9万円の10倍の価格です。

最近、友人から「仮想通貨はもう終わったの?」と聞かれますが、私は「まだ始まったばかり。これから盛り上がっていくと思うよ。ただし、本当に実需の伴う本物の通貨だけが生き残ると思う、草コインは淘汰されると思う。」と答えています。

これから金融革命がおこり、デジタル通貨革命が起きます。

それは既存の大手銀行が、大規模な1万人規模のリストラを発表していることからも明らかです。既存の銀行はこれ以上、今のままでは生き残れないことを当然理解しているのです。

そこで利用されるのが仮想通貨になるのだと考えています。

目指すは第2、第3のビットコイン

最初に誕生したビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」と言います。

2018年の年明けは、ビットコイン価格が伸び悩みする中で、リップル(XRP)やネム(NEM/XEM)という種類のアルトコインが高騰。

リップル(XRP)は1年間で530倍ネム(NEM/XEM)は1年間で625倍になりました。

つまり1万円ずつ合計2万円投資しておけば、2017年の1年間で1150万円になったということです。

リスクを取らないリスク!?

「投資は負けるリスクがあるからやらない」という人が結構います。

でも気づいていますでしょうか?

1年でビットコインの価格が10倍になったということは、日本円の価値は相対的に1/10になっているんです。リスクを取らずとも負けているんです

なので私は、リスクを取らない事がリスクであると考えます。

仮想通貨を購入・売買するためには、仮想通貨取引所に口座開設する必要があります。

毎月一定額を幾つかの通貨に分散して積み立てていく投資方法が最もローリスク・ハイリターンが期待できると昨年も実証されておりおススメ。取引は1000円程度からでも可能です。当サイト「仮想通貨365」では、仮想通貨の始め方などご紹介しています。

多少でもご興味のある方は、ご覧いただければ幸いです。