サイバーエージェントビットコイン社長に卜部宏樹(うらべひろき)氏が就任

最近毎日のようにビットコイン・仮想通貨に関連するニュースが流れていますね。

そんな中で、藤田氏が率いるサイバーエージェントが、仮想通貨の取引所の運営開始を目指して、仮想通貨取引事業子会社「株式会社サイバーエージェントビットコイン」を10月2日に設立しました。取引所の運営開始時期は2018年春を目指しているとのこと(プレスリリースはこちら

サイバーエージェントビットコインの基本情報

まずはプレスリリースに表記された基本情報から。

所在地から、サイバーエージェント本社と同じ渋谷マークシティーの中に設置された新会社であることが分かります。

サイバーエージェントの100%子会社であるという点は、不安定ともいわれる仮想通貨の取引所としては、安心感が抜群でしょう。

代表取締役社長には、アプリボット社長やAbemaTV副社長を務め、サイバーエージェント史上最年少取締役であった卜部宏樹(うらべひろき)氏が就任しています。

社名 株式会社サイバーエージェントビットコイン
所在地 東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号
設立日 2017年10月2日
資本金 1億5,000万円(サイバーエージェント100%)
代表者 代表取締役社長 卜部宏樹(うらべひろき)
事業内容 仮想通貨取引事業

サイバーが仮想通貨取引所の事業に乗り出す理由

仮想通貨取引所は、ビットコインなどの仮想通貨の売買を仲介(マッチング)するサービスのことです。

改正資金決済法により、2017年10月からは、金融庁・財務局の審査を受けた事業者のみがサービスを提供できるルールになりました。徐々に法整備が進んでいます。なお、9月29日の金融庁の発表では、コインチェックやBitFlyerなど11社が登録済み、17社が継続審査中となりその数は増え続けています。

サイバーエージェントもその流れに乗り、自社のAmebaなどのインターネット事業で培った顧客獲得能力や、ユーザフレンドリーなインターフェースを武器に、今注目が急速に高まってきている仮想通貨事業に乗り出すことを決めたようです。

個人的な見解ですが、コインチェックのモバイルアプリは比較的使いやすいですが、まだまだ分かりやすいものではありません。その他の取引所のユーザーインターフェースも決して良いとは思えません。サイバーが参入してくることで、使いやすいアプリが開発されることに期待しています。

また、これからサービス開始の2018年春に向けて、具体的な新しいサービスの発表や、大規模な顧客獲得キャンペーンが組まれるものと思われますので、そのような情報も見逃さないように要チェックですね。

サイバーのような大手企業が乗り出してきたことで、さらに競争も激化して、われわれユーザにとって良いサービスが提供されることに期待しましょう。ぜひ海外の取引所のように、様々な仮想通貨をサイバーエージェントビットコインには取り扱って欲しいと思います。

2018年春の取引所開設を楽しみに待ちましょう。