NEM(ネム)価格の上昇理由:韓国取引所への上場日が決定

オルトコインの中でも価格上昇期待値が非常に高いNEM(XEM)。多くの情報誌等でも価格上昇が期待できる仮想通貨ランキングのベスト3に入っています。

当サイトの2017年仮想通貨ランキングでも、数ある仮想通貨の中から上昇期待値1位として紹介しています。ランキングにご興味のある方はこちらからどうぞ

そんなNEMですが、9月以降は少し価格が停滞気味でしたが、10月10日に良いニュースが飛び込んで来ました。

NEMの韓国の仮想通貨取引所への上場(NEMが韓国の取引所で売買出来るようになること)が決定したのです。

韓国の仮想通貨取引所Coinroomに上場決定

日本の上場企業であるメタップスの連結子会社であり、ソウルを拠点とする韓国のフィンテック企業「Metaps Plus」は、韓国に仮想通貨取引所である「Coinroom(コインルーム)」を設立するためのICO(Initial Coin Offering)を行う予定であり、NEMを取り扱い通貨とすることを決定したと発表しました。

「Metaps Plus」のCEOであるSuungyeon Kim氏は以下のコメントを発表しました。

NEMは業界で最も経験豊かな企業の一社であり、ブロックチェーン技術により、韓国市場の可能性を最大限引き出すための最高のパートナーです。このパートナーシップを通じて、CoinRoomにXEMを上場させ、先進的なブロックチェーンソリューションを実装することを楽しみにしています。
(出典:ECONOTIMES

「NEM財団」の副社長であるJeff Mcdonald氏は以下のコメントを発表しました。

ブロックチェーンと仮想通貨への関心は韓国で急騰しており、NEMは韓国で強力なプレゼンスを確立することを目指している。Metapsのように尊敬できるパートナーとの協力は、その使命を大きく前進させるものです。
(出典:ECONOTIMES

また、「Metaps Plus」の既存の支払いインフラ技術にNEMのブロックチェーンテクノロジーが採用されることも合わせて発表されています。

上場日と価格上昇の期待値は?

「Coinroom」への上場日は、2017年11月11日(土)と発表されました。

これにより「Metaps Plus」は、NEMを取り扱う、韓国初の仮想通貨取引所となる予定です。

一般的に、取引所へ上場することにより、当該通貨の購入層が大幅に増えるため、価格の上昇が期待されます。

例えば、NEMが日本の最大手の取引所であるCoincheckに上場した2017年4月19日の後、価格は急上昇しています。1ヵ月後には、7倍を超える価格となり、その後は落ち着きを見せました。

  • 4月19日時点:3.8348円
  • 4月30日時点:5.7267円(1.5倍)
  • 5月19日時点:27.7048円(7.2倍)

必ずしも上昇するとは言えませんが、韓国の仮想通貨市場も盛り上がりを見せてきており、NEMの注目度は高いため価格上昇を個人的には期待しています。

下のグラフは仮想通貨の主要コインであるビットコインの世界の月間取引量に対する取引通貨(≒国別)割合を示した100%面グラフです。ピンク色が韓国におけるビットコインの取引量を示していますが、2017年1月頃から取引割合が徐々に増加していることが分かります。(注:2017年1月時点では、中国の規制により、中国人による取引が激減したことで各国のシェアが増えています)

(出典:Bitcoin日本語情報サイト

なお、2017年9月のビットコインの月間通貨別取引高は以下のとおりでした。

  • アメリカドル:37.93%
  • 日本円:29.10%
  • 中国元:17.22%
  • 韓国ウォン:9.09%
  • ユーロ:6.66%

韓国市場も日本市場と同様に仮想通貨の取引量が増えており、期待値が高まってきているといえるのではないでしょうか。

個人的には、先行者利益を期待して、上場日の11月11日までに追加でNEMを仕込んでおく予定です。