仮想通貨ビットコイン・アルトコインが大暴落の理由(1月17日)

1月17日の仮想通貨市場は、前日16日の暴落からさらにもう一段階下へ大暴落。

ビットコインも100万円を切っています。今朝はチャートを見ていなかったのでTwitterから画像を拝借。

瞬間的に半値以下になったも多いのですが、その後V字回復し始めています。

さて、17日午後のチャートはどのような動きをするのでしょうか。

なぜこんなに落ちるのか?

下落の発端は、世界各国で仮想通貨を規制する可能性について報道されたことを受け、投資家がリスク回避の売りで対応しているためです。

特に中国人民銀行 副総裁の「ビットコインやアルトコインを含む全仮想通貨取引の禁止、個人間利用の禁止」の発言と、ドイツ連邦銀行理事の「仮想通貨市場の規制は国ごとではなく、世界規模で行うべきべき」といった趣旨の発言がトリガーを引き、16日より暴落が始まっています。

各国の規制に関する報道まとめはこちらをご覧ください。

仮想通貨ビットコイン・アルトコイン暴落理由の規制報道まとめ

また、どれだけ影響があるかはわかりませんが、アメリカの仮想通貨取引所「ビットコネクト」が取引所を閉鎖することを本日発表し、独自通貨のBCC価格は大暴落。

このような報道も悪い材料として扱われているものと思います。

本当に悪い材料が続いていますね。

もう一段の下げ?それともV字回復?

気になるのはこの後どのような価格推移を見せるかという点。

このタイミングを大安売りのセール期間と捉えて、さらに資金を投入する仮想通貨のインフルエンサーも多いようです。

特に、昨年から仮想通貨市場に参入して、含み益を抱えている人は比較的落ち着いてガチホを続けるスタンスの人が多いようにも思います(売買して利益を確定させると税金を取られてしまうため)

イケハヤさんは、1日で6000万程度の損失を出しているようですが、まだこの余裕っぷり。

 

マナさんも推しているビットコインキャッシュを買い増しする様子

 

玲奈さんは、ご自身の体験をもとにツイート。皆さん一度は暴落を経験しています。

 

仮想通貨市場に昨年12月頃より参加してきた初級者の皆さんにとっては、資産がおそらく半分以下になってしまうような厳しい相場であることは間違いありません。

ただ、仮想通貨はこれまでもこのような暴落のあとに暴騰を繰り返し、時価総額を高めてきたという背景があります。

本日、価格が上がるのか下がるのかはチャートを見ながら判断するしかありませんが、長期的に捉えれば仮想通貨市場はまだまだ拡大していく成長の初期段階だと思っています。

まずは本日を生き延びれることを第一に、相場を確認しつつ情報収集を行っていきましょう。