QUOINEXにリップル・ネム・ライトコインが上場決定

2018年の日本の仮想通貨取引所はまさに戦国時代。

DMM Bitcoinが1月11日より新規受付を開始し、春には大手SBIの取引所への参入も報道されています。

LINEやメルカリによる仮想通貨との連携などの報道もあり、仮想市場はますます盛り上がりを見せています。

そんな中、2017年にはコインチェックやZaifに押されて露出の少なかったQUOINEX(コインエクスチェンジ))が今、注目を集めています。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

日本の金融庁に第一号の仮想通貨交換事業者として認定されているQUOINEXですが、2017年には取扱い通貨が3種類のみと少なかったことや、積極的なメディア戦略を打たなかったことから、まだあまり知られていないのではないでしょうか?

(2017年取扱い通貨)

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. ビットコインキャッシュ

QUOINEXを運営するQUOINE(コイン)株式会社CEOの栢森(かやもり)氏は、前職ではソフトバンクグループのシニアバイスプレジデントとしてアジア事業を統括していた方ですが、メディアにも積極的に露出し、事業の拡大をコミットしています。

2017年の年末には以下の動画の中で、2018年は10種類程度の新規アルトコインを上場予定と発表し、投資家の注目を集めています。

 

2018年1月13日にはリップル(XRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)を1月中に上場させると発表し、その後1月25日にリップルを上場。

テレグラムのアプリをダウンロードすれば参加できるQUOINEXのグループがあり、登録者数が急激に増加していることからも、注目度の高まりがうかがえます。(2018年1月15日時点では2300人程度)

QUOINEXの口座登録手順はこちらからご確認ください。

セキュリティに強み

コインチェックの580億円ハッキング騒動を受け、「マルチシグ(マルチシグニチャ)」「ホットウォレット」という聞きなれない言葉も出てきました。

コインチェックは「マルチシグ」という複数の鍵で資産を管理する手法を採用しておらず、かつ、インターネットアクセス可能な(ホットな)ウォレットで資産を管理していたことから、ネムが不正に盗まれてしまいました。

QUOINEXの柏森社長は、自社はセキュリティに強みを持っていることをテレグラムの中で発表しています。「マルチシグ」にも対応しています。

既に金曜日にご報告させて頂きましたが、今回の週次報告も弊社のセキュリティや危機管理体制に関してご報告させて頂きます。

今回、国内大手取引所で500億円以上の仮想通貨の流出・盗難された事件は、顧客への返金という形で一旦は落ち着きを取戻しております。

今回の盗難は補償したから終了というものではなく、度重なるサーバー攻撃や盗難は、仮想通貨業界全体への警鐘を鳴らしております。試練の時でもあり、業界を健全化する機会でもあります。

弊社は、ネットワークレベル、プロダクトレベル、オペレーションレベル全てにおいて何重にもセキュリティ対策をしておりますが、今回更に強化することとしました。

以下セキュリティ対策は既に実施しておりますが、

– 100% コールドウォレット管理
– 出コインのアドレスのホワイトリスト化
– プライベートサーバー
– 二段階認証の必須
– API出金の禁止

今後は更に、以下のとおり強化します。
– 私、栢森を中心とした危機管理委員会の設置
– 第三者機関・外部専門家によるセキュリティチェック(年二回実施中)
– コールドウォレットが実装できな仮想通貨の取扱禁止
– 外部だけでなく、内部犯行防止の為の各種施策(既に実施中)

弊社のこれらの取組や体制を近日中にプレス発表及びウェブサイトにて共有させて頂くとともに、弊社取締役会、監査等委員会、金融庁、そして自主規制団体とも共有し、業界全体の健全な発展の為に努力していきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

栢森

(出典:こちらから

低い手数料

 

QUOINEXでは、アルトコインも取引所の形式(売買したいユーザー同士で交換する形式)を採用しているため、売買価格差を気にする必要もありません。指値で取引できます。

QUOINEXの取り扱い銘柄は今後さらに拡大していくことが予想されます。

比較対象として、コインチェックは販売所形式(コインチェックが保有するコインを販売する形式)を採用しているため、手数料を3-4%程度売買時に取られていることも覚えておきましょう。

バイナンス送金も手数料ゼロ

香港に拠点を置く世界一の仮想通貨取引所である「Binance(バイナンス)」ですが、利用するためには日本の取引所から仮想通貨で送金する必要があります。

こちらの記事でコインチェックにおける手数料をまとめていますが、ビットコインを送金する場合には2000円近い手数料がかかってしまいます。

なんとQUOINEXは送金手数料が無料という素晴らしいサービスがあります。今後、リップルやライトコインをQUOINEXで購入し、バイナンスへ送金するケースを想定すれば断然有利ですね。

※変更になる可能性もありますので詳細は公式サイトよりご確認ください

 

まずは口座開設の本人確認に数週間以上要するようですので、早めに申し込みされることをおススメします。