コインチェック口座開設手順

最近、ネットや新聞でよく見る「仮想通貨」という言葉。

その中でも売買金額がずば抜けている仮想通貨が「ビットコイン」という種類です。つまり、「ビットコイン」以外にも様々な仮想通貨があるんです。

価格が急激に上昇しているとのニュースなどを見聞きする機会が格段に増えましたので、投資対象として興味を持ち始めた方も多いのではないでしょうか?

日本でも、ビッグカメラなどがビットコインを利用した決済サービスをスタートするなど、徐々に風向きが、「怪しい通貨 → 気になる通貨」に変わってきたように思います。

私もこの金融の大きな流れに乗ってみようと「習うより慣れろ」の思想に従い、口座開設をしてみました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェック(coincheck)って?

コインチェックとは、仮想通貨の売買を行う日本国内の取引所です。この取引所を通じて、仮想通貨の売買を行うので、登録が必要になります。

その他にも取引所はありますが、ユーザーインタフェース(画面などの使いやすさ)が一番良いとのレビューや、ビットコインの取引量が2017年7月末時点で日本No1との実績から、コインチェックで口座を開設することにしてみました。

コインチェック口座開設手順

私は画像をキャプチャーして手順を掲載するためにパソコンで操作しましたが、スマホで作業した方が簡単に登録できます。

本人確認の中で、免許証などの本人確認書類と自分を一緒にインカメラで撮影してアップロードする必要がありますので、スマホ作業をおススメします。では、具体的な手順をご紹介します。

①まずはコインチェックのホームページにアクセス。

②ユーザ登録を行います。Facebookまたはメールアドレスでの登録が可能です。
私はFacebook情報を他サービスと連携するのが嫌なので、普通にメールアドレスで登録。
以下のようなメール送信完了画面が表示されます。

③以下のメールが届くため、リンクをクリックして本人認証を行います。

④以上でアカウント作成は完了ですが、取引を開始するためには本人確認書類の提出等が必要になります。

⑤「本人確認書類を提出する」をクリック
セキュリティーを担保するために、携帯電話を利用した二段階認証が必要になります。

電話番号:0X0XXXXXXXXで入力し「SMSを送信する」ボタンをクリック。
携帯電話に「coincheck:XXXXXX」と認証コードが直ぐに届きますので入力後に「認証する」ボタンをクリック。

⑥以下のチェック付画面が表示されれば携帯電話での二段階認証は成功です。

⑦「日本円を入金する」をクリックして、本人確認書類の提出手続きを進めます。
本人確認書類を提出しないと、サービスの閲覧程度しかできません。

⑧サービスを利用するために重要事項を確認した旨すべてチェックをつけて下段のボタンをクリック。

⑨重要事項に承諾済みの画面が表示されるため、「本人確認書類を提出する」ボタンをクリック。

⑩本人確認のために氏名・性別・生年月日・住所・職業などの個人情報を登録します。
主な利用目的は何を選択しても結構です。私は「仮想通貨への投資のため」を選択しました。
また、IDセルフィー(提出書類とご本人が一緒に写っている写真)のアップロードが必要になりますので、以下のような写真をインカメラで撮影しましょう。

⑪以下の画面が表示されれば、必要な手続きはすべて完了です。

※なお、トップページに戻ると、まだ本人確認書類を提出するように促す画面が表示されますが、無視してください。コインチェック側で本人確認認証が完了すれば消えます。

⑫コインチェック側での本人確認完了までに1-2営業日とありますが、私の場合は30分程で確認完了のメールが届きました。素晴らしいスピード感です。

ここまで終われば、口座に入金をして仮想通貨の取引が可能になります。
(手続き上は、ハガキ受領後に取引可能となっておりましたが、実際にはハガキ受領前から取引が可能でした)

⑬2-4営業日でコインチェックから↓のハガキが届き、その後、全ての機能が利用可能になります。

以上で口座登録手続きはすべて完了です。

おつかれさまでした。