リップル(XRP)200円超えの理由を検証してみた。時価総額2位へ。

※(追記)12月30日に一時290円まで高騰!! シリコンバレーの財団が4億5千XPR購入していた!記事下の方に詳細追記しました。

12月に入ってから衰えしらずのリップルですが、12月29日(金)に火を噴き急上昇。

世のリップルホルダー(ガチホ組)の皆様はウハウハですね。私は持っていないのでうらやましい限り。

急上昇の理由はなんだったのでしょうか?検証してみました。

初の200円超えを達成

12月29日の朝9時時点では150円程度をウロウロしていましたが、徐々に上昇しはじめ昼過ぎには160円付近を再度ウロウロ。

そして、17時になり急に取引量が増加し、一気に200円まで急騰しました。

そして、仮想通貨全体の時価総額ランキングにおいても、イーサリウムを抜きビットコインに次ぐ第二位に躍り出ました!

とはいっても、まだイーサリウムとの差はわずかなので、2位と3位を行ったりきたりしています。今後1ヶ月でリップルがぶっちぎるのかどうか、気になるところです。


(リアルタイムのランキングはこちら

17時に何かあったの?

リップル社のCEOであるBRAD GARLINGHOUSE氏が、テレビ(CNBC)でXRPが銀行間送金に利用されると発言したことを理由に挙げる方もいらっしゃいますが、こちらは12月27日に放送された動画であるため、今日の急騰とは直接は関係していません。

もちろん非常にポジティブなニュースであるため、価格高騰の要因の一つであるのは間違いないです。

仮想通貨はやはり海外中心に話しが進んでいきますので、最低限の英語力は身につけておいたほうが良さそうです。


本日の価格高騰の理由については、色々調査しましたが明確なサプライズニュースは発表されていないことが分かりました。
※お気づきのニュースなどご存知でしたらコメント欄より共有をお願いします

リップル社CEOのBRAD氏のTwitterにも、本日17時頃に何か新しいTweetがあるわけではありません。

↓は先ほど紹介した27日のCNBC出演&議論が楽しかったことをTweetしたものですね。

リップルは先日もAmazonとの提携が噂され価格が高騰する場面もありましたが、具体的な発表はされていません(Amazonとの検証の可能性について検証した記事はこちらから

リップラーの皆さんの期待値が非常に高いことから、期待値を織り込んで先行買いをしている人が多いというのが理由なのだと思いますが、ここで具体的なGoodニュースが出るようなことがあれば200円といわず、さらに急騰するものと考えられます。

私もRippleに少し投資してみようかと思います。

価格急騰に関して、何か情報をお持ちでしたらぜひコメント欄にコメントをいただけますと幸いです。

「億り人になった~♪!」等の喜びのコメントももちろん大歓迎です。

追記:12月30日 290円まで急騰の理由

さて連日ニュースが耐えないリップルさんですが、本日目が飛び出そうなニュースが舞い込んできました!

情報収集はTwitterがベスト。そしてその情報を鵜呑みにせずに、自分でチェックすることがとても大切です。

なんと、シリコンバレーの財団が4億5千XRPを購入したとの内容です。実際の出典(元記事はこちら。英語です)から情報を検証してみました。

上記を確認すると、

ステータス:トランザクションは成功し、12月29日 5:57P.M. (標準時)に台帳上で有効化されました ※日本時間の12月30日 2:57A.M.
記述内容:ペイメントトランザクションはSiliconvcfからで450,000,000 XRP

という内容です。

1XRPの価格が12月30日夜中時点では200円程度であったことを考えれば、約1000億円ものXRP購入になりますね。凄い。。

トランザクションは日本時間の2時57分に有効になっていますが、その前の1時頃からXRPの価格は上昇傾向にありますね。

先日はコインベースでインサイダー疑惑があり調査が行われていますが、今回はどうなんでしょうね。

気になるシリコンバレーの財団

そこで気になるのが「Siliconvcf」の存在。調べたところ、シリコンバレーのベンチャーキャピタルファンドです。

Aboutページによると、SVCFは2007年に設立され80億ドル以上(約1兆円)の資産を管理する世界最大のコミュニティ基盤を持っているとのこと。

https://www.siliconvalleycf.org/about-svcf

また、パートナー企業を見れば、一流会社がずらりと並んでいます。

https://www.siliconvalleycf.org/our-corporate-partners

何のためにXRPを購入したのかは現時点では公開されていませんので分かりませんでした。

また参考程度に、英語のサイトですがチャットで情報交換が行われていましたので共有したいと思います(出典はこちら

その内容をざっくり要約すると、

  • Chris Larsen(クリスラーセン。Ripple Labsの元CEO)が本件に関わっている ということ。

一番最近のTweetも1年以上前のものです。

様々な情報ソースから引き続き検証をしていきますが、リップルは2018年も伸びていく傾向にありそうです。