【がっちりマンデー】ビットコインを儲かりキーワードで紹介

12月24日(日)クリスマスイブの「がっちりマンデー」。

「2017儲かりキーワード」と題して、2017年に話題になった儲かるキーワードを、今年儲かった芸人で貯金残高1653万円まで急騰したサンシャイン池崎さんが紹介しました。

第3の食物繊維がたっぷりの「ハイレジ」、身体を全く動かさない「eスポーツ」と一緒に、「ビットコイン」が紹介され、仮想通貨取引所のbitFlyerが登場。

最近、テレビでビットコインに関する放送が急に増えてきたような気がします。利用者の裾野がますます広がり、市場が拡大していくという事なんだと思います。

ビットコインの紹介

番組ではビットコインを次のように紹介しました。

  • 貨幣の無い通貨
  • 日本銀行のような中央集権の管理組織を持たない通貨
  • ビットコインを支払いに利用する際、店舗側で負担する手数料が1%と安いため利用可能な店舗が拡大中 ※クレジットカードの場合は1-7%
    (たとえば1万円の商品をクレジットで購入した場合、店舗は100-700円程度の手数料を負担しているのですすが、ビットコインの場合は100円程度で済むという店舗側のメリットが大きい)
  • 値動きが激しく不安定なリスクもある一方、どんどん値上がりしている
  • セキュリティ高く管理されている

2017年に価格が20倍以上になったことも紹介されましたが、ビットコインの価格上昇グラフを見れば一発で、投資家が興味を持つ理由が分かります。

2017年1月時点では9万円程度だったビットコインの価格は、2017年12月時点で最大250万円近くまで上昇し、12月24日時点では180万円付近で推移しています。

(グラフをご覧になる方はこちらから

さらに、ビットコイン以外のアルトコインについては1年間で100倍を超えて急上昇した銘柄「NEM」「Ripple」「LISK」「モナコイン」もありましたね。

1万円が100万円を超えるということなので、宝くじを買うくらいなら1万円で仮想通貨を購入したほうが確率は高いと言えそうですよね。

セキュリティ面は自己管理を徹底しよう

1点、セキュリティ面については何より重要なので、番組の紹介内容に補足しておきます。

仮想通貨の取引所についてはセキュリティ面はかなり厳重にハッキングされないように管理されていますが、一方で口座開設するあなた自身のセキュリティは、あなた自身が担保しなくてはいけません。

口座開設者自らが、以下を徹底する必要があります。

  • ネット口座ログイン用のパスワードを使いまわししない事
  • 口座開設時にFacebookアカウントで作成も可能ですが、使いまわしはしないこと
  • 2段階認証と呼ばれる認証方法を設定すること

ビットコインをはじめとする仮想通貨市場は、まだまだ法整備含めて準備中であることから、基本的に自分自身の口座がハッキングされてビットコインを全て奪われたとしても、銀行のような補償は原則ないものと考えましょう(一部取引所では補償サービスも始まりました)

全ての資産を失うリスクもあるため、自己管理は必須です!

投資用に口座開設する人が急増

このような急上昇やメディアの報道を受けて、仮想通貨取引所の口座を開設する人が急増しています。そのため口座開設には数日~数週間要する取引所もあります。

番組で紹介されたbitFlyerも同様で、口座開設申し込みが殺到しているようですが、12月下旬時点では3日程度で口座開設は完了しているようです。

ビットコインの詳細については、本サイト【仮想通貨365】でもご紹介していますのでご覧いただければと思いますが(私も今年の8月に投資を開始し、勉強を始めたばかりの初心者です)、以下の理由から2018年も価格は上昇傾向にあるものと考えています。

  • ビットコインやアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の認知度が高まってきている
  • 利用者が急増している
  • 金と同様に、供給量(埋蔵量)には上限があり、需要が増えればその価値が上がる

他にもまだまだ理由はありますが、ご興味のある方は、まずは口座開設をして小額で取引を開始してみてもよいかもしれません。