【WBS】ビットコインのbitFlyerが登場。口座開設の方法は?

12月25日(月)放送の「ワールドビジネスサテライト」

最近、その価格の乱高下が著しくとうとうバブルが弾けたか?ともいわれているビットコインや仮想通貨市場ですが、日本における仮想通貨市場を牽引する仮想通貨取引所のbitFlyerが、新宿マルイアネックスで行ったビットコイン決済の様子が番組で取り上げられます。

bitFlyerの美人CFOの金光さんが登場です。ホントおきれいな方ですね。以前、日経新聞で取り上げられていましたがゴールドマンサックスから仮想通貨市場を広めようとbitFlyerへご転職されたエリートです。


12月24日放送のがっちりマンデーにも登場されていました(記事はこちらから)。

それだけ仮想通貨やビットコインが身近な存在になってきたということかと思います。

ビットコイン決済の試験導入の様子

番組の放送内容を受けて記事を更新いたしますが、ビットコインの決済というのはとても簡単です。一度知ってしまえば、現金を持ち歩くのが面倒になるほど。スマホ1つあれば簡単に決済できます。

世界では、マネーロンダリングなどを避けるべく、デジタル通貨を導入しようとする国もありますし、中国などはキャッシュレスが大きく進んでいます。日本はまだまだ取り残されているという印象を個人的に受けています。

しかしそんな日本を変える(世界も変える)可能性があるのがビットコインであり、仮想通貨という新しい市場なのだと思います。

人々のそんな期待値から、バブルともいえる価格上昇を見せているビットコインですが、まだまだ市場へ参加する人の母数はこれから増えてくるので、これからのマーケットであると考えています。

2017年1月時点では9万円程度だったビットコインの価格は、2017年12月時点で最大250万円近くまで上昇し、12月22日には130万円まで急落したものの、12月25日時点では165万円付近で推移しています。

乱高下が激しいので投資する際には自己責任でお願いします。

(グラフをご覧になる方はこちらから

ビットコイン以外のアルトコインについては1年間で100倍を超えて急上昇した銘柄「NEM」「Ripple」「LISK」「モナコイン」もあり、さらに世界で新しい仮想通貨が日々誕生しているような状況です。

投資用に口座開設する人が急増

価格の急上昇やメディアの報道を受けて、仮想通貨に興味を持ち、取引所の口座を開設する人が急増しています。

番組で紹介されたbitFlyerも同様で、口座開設申し込みが殺到しているようですが、Twitterなどで口座開設をした人の声を拾うと、だいたい3日程度で口座開設は完了しているようです。

私も今年の8月に投資を開始し勉強を始めたばかりの完全初心者ではありますが、以下の理由から中長期的には、価格は上昇傾向にあるものと考えています。

  • ビットコインやアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の認知度が高まってきている
  • 利用者が急増している
  • 金と同様に、供給量(埋蔵量)には上限があり、需要が増えればその価値が上がる

WBSをきっかけに、投資を開始してみるのも良いのかもしれません。ただしレバレッジをかけたFX(信用取引)は初心者の方はやめておきましょう。一瞬で資産がゼロになります。。。こわい。。